【1日10分のメトロノームを使ったベース練習法】シンプだけど結構難しいクロマチックスケール


スポンサーリンク

初心者ベーシストのための、基礎力を上げたい方にお勧めしている、練習方法をご紹介します。

リズムキープが安定するベースの基礎練習、クロマチックスケールです。


動画のように、人差し指から小指まで全ての指を使いながらひとつのフレットごとに動いていく練習です。1日10分毎日このクロマチックスケールの練習を続けると、1~3か月でリズムは安定します。

クロマチックスケールの練習のやりかた

まず人差し指を1弦の1フレットに置きます。

メトロノームを60にセットし、”ピッ”1回につき1音のペースで進みます。

動画のとおり、こんな感じで進みます。しっかり4本の指を使って押さえます。

1

戻ります。

%ef%bc%93

 

戻ったら、今度は2フレット目から、行きます。

2

戻ります。

4

 

その次は3フレット目から行って戻ってくる。これで1セットです。

 

ピッキング(2フィンガーの場合)

人差し指で押さえるときは、人差し指でピッキング
中指で押さえるときは、中指でピッキング
薬指で押さえるときは、人差し指でピッキング
小指で押さえるときは、中指でピッキング

用意する機材

・メトロノーム
・ベース
・アンプ

音の粒を整える(指やピックアタックで生じる音の大小を均一にする)事も意識したいので、出来るだけアンプから音を出して練習しましょう。アンプ出力が難しそうなら、アンプラグを使うのも手です。

basslesson.toruhoshino.com

家での練習法

この練習を毎日家で10分やります。

1フレからいって戻ってくる
2フレからいって戻ってくる
3フレからいって戻ってくる

この一連の動作は、テンポ60で2分以内です

これを10分でいいです。4~5セットくらいですね。

ただし、その10分は思いっきり集中します。

音楽は消し、テレビは消し、家族と違う部屋に移動し、スマホもできたら電源OFFにします。

そして、10分たったらできなくてもやめます。だらだら続けません。きっかり、やめます。

これを1か月から3か月続けると、基礎力があがります。

なぜ10分でいいのか

実際にタイムを計ってやってみれば、10分という時間の長さがわかります。メトロノーム練習は、CDのように伴奏があるわけでは無いので、ピッキング、フォーム、サスティーンなど、自分の欠点があからさまになります。

そして、真面目にやればやろうとするほど集中力が問われます。

はじめは3分も持たないかも知れませんが、まずは10分、やってみましょう!

追記:この練習がやりにくかったら、もう少し簡単にした練習法を考えましたので、以下のページをご覧ください。
http://basslesson.toruhoshino.com/chroma2/

 

クロマチックスケールで注意すること

 

音の伸び(サスティーン)

ボーーン、ボーーン、ボーーンと、しっかり、均等に音がのびていることを意識します。

ボーーーーン、ボー、ボーーン だと均等ではありません。

音の強さ(ピッキング)

ボーーン、ボーーン、ボーーンと、しっかり、均等の音の大きさになっていることを意識します。

ボーーンボーーンボーーンボーーン だと均等ではありません。

メトロノームからずれないように

一定の間隔で音を鳴らすことを意識します。

aa

小指で押さえるのがしんどいと思ったら

小指で押さえるのがしんどいと思ったら、”ヒジ”を内側に入れるように押さえます。詳しくは以下を読んでみてください。

basslesson.toruhoshino.com

 

クロマチックスケールの練習はつまらないけど…?

クロマチックスケールの練習は、曲ではないので、おもしろくはありません。そして、単純なくせに意外とちゃんと鳴らすのは難しいです。

伴奏がないので普通の楽曲をやるよりぜんぜん難しいです。

なので、すぐに出来なくても焦らないでください。

ただ、ピッキングの要素、サスティーンの要素、リズムの要素、運指の要素など、大切な基礎的練習内容が凝縮されています。

スポンサーリンク

私自信も、今でも練習の前に必ずやっています。リズム安定の為に、お勧めのトレーニングです。

さらにワンランク上の基礎・トレーニングにも挑戦しよう

1-3-2-4のクロマチック

指のストレッチにも効果的です。詳しくはこちら

1→3→2→4のクロマチック練習(ベース・指のストレッチ)

ピッキングのトレーニング

ツーフィンガーピッキングの練習です。

ベースのツーフィンガーのオルタネイトをバラつかないように弾くためのコツと練習法(初心者用基礎練)

リズムトレーニング

・4分音符と8分音符の基礎・トレーニング(現在工事中。後日更新します)

ベースのリズムのズレを整える4分音符と8分音符の練習(初心者用基礎練)

・4分音符・8分音符・3連符・16分音符の練習

ベースで4分音符・8分音符・3連符・16分音符の基礎練習

お勧め書籍

基礎・トレーニングに関しては以下の書籍がお勧めです。

フィンガリング、ピッキング、ポジション、リズムについてなど、様々な分野での練習方法が記述されています。

独学はもちろん、指導者と一緒にこの本を進め、毎日少しづつでもて練習していけば、伸びるでしょう。

一生使えるベース基礎トレ本 ベーシストのためのハノン (ベース・マガジン)

 

ご質問受け付けます

今回の記事について、クロマチックスケールの練習法について、わからないことがあればどんどん聞いて下さい^^

sukaipu

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

⇒筆者の演奏スケジュール・随時更新中です!



infomation


↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

コメント投稿は締め切りました。