「キレのあるビート」のと言われるために普段の練習で心がけていること


スポンサーリンク

キレのあるビートを弾く為に、「休符を口で唄うこと」を心掛けています。

 

キレのあるビートを弾く為に

「Autumn Leaves」などで使われるベースラインです。

楽曲の始まりから終わりまでずっとベースラインが同じ感じではなんとなくぼやけたイメージです。

そんな時、ちょっと休符を入れてみます。↓

弾いているメロディ一緒ですが、こっちの音源の方が原曲に躍動感が出ている感じがしませんか。

休符のパートをしっかり休んであげると、”キレ”が生まれます。

 

休符を守って曲にキレを出すコツ

1

楽曲を立体的にする為に、休符を”守る”でなく、休符を唄うという意識を持ちましょう。

ただ、休符で休むことに意識を置き過ぎると、他の音符のサスティーン(伸ばし)が曖昧になったり、休むことに気を取られてしまいがちです。

 

「う」と唄う

u

小学校の音楽の時間に、休符を「ウン」という練習をさせられませんでしたか。ここではその応用です。「ウン」だと速いパッセージに対応出来ないので、「う」にします。

この「う」を弾かずに口で唄います。う!と思いっきり唄います。

 

u2

こんなイメージです。なんか、ひらがなでかくと間抜けですが、間を抜かなければ、キレは生まれません。

 

う!

「う!」と練習中に思いっきり唄っても、怒られません。バンドアンサンブルであれば、幾ら大声で「う!」といっても、ばれません。

休符を口で弾くことに慣れてきたらやめてもいいですが、慣れている人でも、「う!」を唄っている人は居ます。

ジャズでは、ソロ中にスキャットをしながらアドリブしているプレイヤーが居ます。

”ウパルパパラッ、ウパルルパルルラ パラルラ♪”

↑この「ウ」は、まさにこの「う」の応用です。すなわち、休符を唄っているということになります。

慣れている人でも、休符を唄います。

 

休符を唄えれば、ルートだけでもかっこいいベースラインになる!

休符も演奏であり音符なのです。休符を唄えれば、ルートだけでもかっこいいベースラインになります。

Autumn leavesの2ビート、頭の8小節です。

2

ルート音だけでも休符の使い方次第で、かっこいいベースラインを作ることが出来ます。

スポンサーリンク

こんな感じで、2ビートをとりいれた枯葉のウォーキングベースラインを弾いてみました。

楽譜ありますのでよかったら参考にされてみてください。
https://www.dropbox.com/s/qj4fl03zh0d0hbh/autumn%20leaves%202-4.pdf?dl=0

理想は「釣りバカ日誌」

「休符を弾く」ということは、「堂々と休みをとる」ことです。どうしても日本人の血筋から、会社、学校などを休むことに後ろめたさを感じてしまいがちです。

堂々と、悪気も無く休みましょう。その為に、「う」を意識しましょう。理想は、「釣りバカ日誌」の浜ちゃん(西田敏行さん)です。「釣りに行きます!!」と公言し、堂々と会社を休む感覚です。

original

べーす

sukaipu

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

 

⇒筆者の演奏スケジュール・随時更新中です!



infomation


↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

コメント投稿は締め切りました。