ウッドベースのフレットに印… つけてました。


スポンサーリンク

ウッドベースのフレットに印つけていいですかって聞かれることが、よくあります。

私は、つけてました。

ウッドベースのフレットに印… つけてました。

↑最初のころはこんなふうにつけてました。

ウッドベースはフレットがないので、ピッチを取るのが大変です。

その為、フレットにエレベみたいにシールとかで印をつけていいか聞かれます。

これには付けないほうがいいっていう意見もあるし、付けてもいいんじゃないかっていう意見も多いみたいです。

今でこそつけてはいないですが、私は最初の頃はつけていました。

ウッドベースのフレットに印をつけていた理由

ウッドベース購入後、すぐにライブが決まってしまったからです。

よく「3フレット以内でウォーキングベースを作ることを心掛けましょう」とか言いますが、はじめたての頃は3フレット以内のピッチも凄い危うかったので、崩壊するようなベースライン弾くんだったらおとなしく印つけてしまおうという考えでした。

当時の師匠に相談したかは覚えてないけど、最終的には自分で判断したと思います。

シールを付けていると音を目で追う

今でもシールのついているベースを借りると、どうしてもシールの部分を目で追ってしまいます。

イコール、音を目で追っている形です。

これだと、ピッチがずれているかずれていないかも気づきにくいです。チューニングが合っていれば、シールの位置で押弦すれば正しい音が鳴るかもしれませんが、

やっぱりつまりはシール頼りになっちゃいますね。

音は目で追うんじゃなくて耳で聴くものです。

だから、「やっぱりちょっとシールに頼り過ぎもよくないんじゃないかなあ」って思って、早い段階でシールはとりました。

その後、とんでもないピッチで演奏を重ね、よく怒られたものですが、あのままずっとシールを貼り続けていたら、相対音感も鍛えられなかったのではないかとも思います。

本当は印つけないに越したことはない

本当は印つけないに越したことはありません。

いちいち指板を見るのはあまり見栄え的にもよくないですし、セッションでお店の起きベースを借りたときなど、印はついていません。

ですから「今はつけても、いずれは取ろう」という考えだと思います。

スポンサーリンク

けどじゃあいつ取るの?って話になっちゃいますね。

そこはやっぱり練習や演奏を積み重ねて「そろそろ取ってもいいんじゃないか」って時だと思います。

べーす
sukaipu

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

軍艦島で待ち時間に練習しようと思ったら「軍艦少年」っていう不良マンガがあって、読んだら感動して泣きました。

⇒筆者の演奏スケジュール・12月31日更新です!




にほんブログ村
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

コメント投稿は締め切りました。