動画の上に画像を載せる!Video Pad動画編集ソフトでいつもと違ったアクセントを!


スポンサーリンク

他の画像にも同じエフェクトを適用

動画の上に画像を載せることが出来る動画編集ソフト、Video Padが便利です。覚えてしまえば、使い方も簡単です。

今回お伝えする機能は、有料版のものです。

Video Pad動画編集ソフトを使った動画

こんな動画が可能です。


画面下部の楽譜がVideo Padを使用したものです。Windows Movie Makerにはこのような機能はありません。

動画の上に画像を載せる方法

 

準備

VIDEO PADをインストールします。(無料版でも動画の上に画像を掲載できますが、期間に限りがあります)
http://www.nchsoftware.com/videopad/jp/

MP4、WMAなど任意の動画ファイルを用意します。スマフォで撮影したものやビデオカメラで撮影したものは、パソコンに取り入れればそのまま使えます。

動画の編集

立ち上げます。

最初

 

動画ファイルのタブから

最初 付帯

 

画像を取り込みます。

動画タブで動画を取り込みます

 

任意の動画を選択し、「動画エフェクト」を選択

任意の動画を選択し、「動画エフェクト」を選択

 

切り替わった画面から「追加」を選択すると

切り替わった画面から「追加」を選択すると

 

動画にいろいろなエフェクト機能を掛けることができます

動画にいろいろなエフェクト機能を掛けることができます

 

今回は顔出しをしたくなかったので、「動き」で動画を動かし、顔を消しました。
出来上がったら右下の「適用」をクリック。

今回は顔出しをしたくなかったので、「動き」で動画を動かし、顔を消しました。出来上がったら右下の「適用」をクリック

 

元の画面に戻ったら、動画を「動画トラック1」へドラッグします。

元の画面に戻ったら、動画を「動画トラック1」へドラッグします

画像の編集

画像を用意します。

譜面3 譜面2 譜面1

 

画像タブから任意の譜面(画像)を置きます

スポンサーリンク

画像タブから任意の譜面(画像)を置きます

 

任意の画像を選択し、「動画エフェクト」を選択

任意の画像を選択し、「動画エフェクト」を選択

 

動画と同様に画像にもいろいろなエフェクト機能をかけることができます

動画と同様に画像にもいろいろなエフェクト機能をかけることができます

 

「拡大縮小」で大きさを変え、「位置」で場所を変えてみました

「拡大縮小」で大きさを変え、「位置」で場所を変えてみました

他の画像にも同じエフェクトを適用

 

他の画像にも同じエフェクトを適用

 

動画と画像を統合

画像を移動します。

レイヤー用動画、文字、クリップをここにドラッグアンドドロップに画像をドラッグすると、動画に画像が重なります

レイヤー用動画、文字、クリップをここにドラッグアンドドロップに画像をドラッグすると、動画に画像が重なります

 

秒感覚は画面右下のバーで調整できます

秒感覚は画面右下のバーで調整できます。

 

均等に画像を埋め込めば出来上がりです

この動画、高評価を32件いただいてます^^ありがとうございます!

 

質問メール受付中

Video Pad動画編集ソフトの今回の記事に関しての質問がありましたら、お気軽にどうぞ^^

べーす
sukaipu

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

1

生徒さん宅で聴かせていただきました。BOOWYのわがままジュリエット。感動。

ところで松井常松氏って歌歌うんですね。

1:28からのダウンピッキングソロがさいきょーです。

 

⇒筆者の演奏スケジュール・10月24日更新です!



infomation

ブログ王ランキングに参加中!
↑!日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

 

コメント投稿は締め切りました。