「何を練習すべきか」ではなく、「どういうサウンドを奏でたいか」をじっくり考えてみる


スポンサーリンク

何を練習したらいいかは人それぞれ違います。

自分はどういうベースプレイをしたいかを明確にすることが大切です。

その練習、本当に大切ですか

コントラバスの弓のエチュードの練習は、ピッチを安定させるうえでとても大切な練習です。ただ、マーカス・ミラーみたいなスラッパーになりたいというときに弓は必要かどうかと考えると、微妙なところです。

すごい極端な例ですが、やろうとしているベースプレイに対し、見当違いの練習をしたところで、3日坊主になります。

手を動かすことも大切ですが、「どうなりたいか」を、手を動かす前に考えることが大事です。

一旦ベースを置いて考えてみよう

 

・今のバンドのスタイルが、自分のプレイを引き出してくれるものか

・いちベース弾きとして、数年後の自分を見た時に、どんなことがうまくなっていたいか

・今メンバーやお客さんに対してできることは何か

・これだ!という自分のプレイは何か

・もっと伸ばしたいという自分の奏法は何か

・ピック弾きも指弾きもスラップもやりながら理論を勉強することが、今の自分に必要か

・「いつかはやってみたい」と思っていたけど、放り出しているフレーズはないか

 

私の場合、これらの全てに当てはまる回答が、「ウォーキングベース」でした。

以後、「ジャズのウォーキングベースを練習するためにどうすればいいか」だけを考えるようになったら、不要な練習もだいぶ減りました。

すると、「何を練習したらいいか」ではなく、「どういうサウンドを奏でたいのか」がはっきりしてきました。

ただ、はっきりしても、たまにぼやけます。

だから今でもレッスンを受け、アドバイスをいただいています。

答えがでなくても、焦らない

「何を練習したらいいか」の答えは、すぐ出る人もいるかも知れないし、時間が掛かる人も居ますが、時間が掛かっても気にしないでいいです。

ただ、練習目的が明確になれば、基礎練を3日坊主で終わるようなことはなくなります。精度の高い基礎練をするにはどうするか、また考えるようになり、練習も楽しくなってくるはずです^^

べーす
sukaipu

スポンサーリンク

ウォーキングベースやベースの基礎練習についてご質問などありましたら受け付けております。

※ご質問は無料ですが、匿名の方のご質問としてブログネタにさせて頂くこともあります。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

すみません、phpお詳しい方いらっしゃらないでしょうか?^^;

WordPressのタグの設定についてちょっとわからないことがあるんです。ちょっと詳しい先輩に今日聞いてたんですけど、答えが見つからず。

プログラミングまかせとけー!って方いらっしゃいましたら、上のフォーマットからメッセージ頂けると幸いです。

WordPressもだいぶ長くなってきて、プラグインとかhtmlに苦手意識はなくなってきたけど、cssとかphpとか出てくると

(**;)

↑こうなります。。。

⇒筆者の演奏スケジュール・2月22日更新です!




にほんブログ村
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

コメント投稿は締め切りました。