ウォーキングベース上達基礎練習法 リズムについて

ベースのリズムのズレを整える4分音符と8分音符の練習(初心者用基礎練)

更新日:

スポンサーリンク

バンドサウンドに合わせていても、リズムがずれてしまうことがあります。

そんなとき、拍どおりにリズムが取れていないことがあります。

練習方法を提案します。

4分音符と8分音符の練習


メトロノームに合わせて拍をとる練習です。

4分音符、4分休符、8分音符、8分休符で全ての小節が構成されています。

下にいくにつれ、難しくなっています。

以下からダウンロードできます。

https://www.dropbox.com/s/4zz9k69cj4k7hp4/%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E2%91%A0.pdf?dl=0

練習のやりかた

動画はテンポは60でやっています。

まずは60で、メトロノームにピタッと合うように鳴らすように心掛けます。

慣れてきたら、70、80、90とテンポを上げていき、実践的なテンポ、120でできることを目指しましょう。

テンポの上げ時ですが、「そろそろできたかな」と思ったら上げてしまって構いません。

意識すること

はじめは弾かず、声に出してもいい

いきなり手を動かそうとしても弾けない場合があります。リズム譜に慣れていないととくにそうです。

そんなとき、まず口で歌ってみるといいです。
以下の記事で詳しくやってます。
http://basslesson.toruhoshino.com/utattahouga/

「ターター」でなく「タアタア」

「ターター」でなく
「タアタア」と意識するようにします。

「ター」の伸ばし棒だと、拍の長さを曖昧にしてしまうことがあります。
4分音符なら「タア」
8分音符なら「タタ」

と理解するといいです。

イメージとしてはこんなかんじです。

でなく

スポンサーリンク

を意識してみてください。

練習時間のヒント

5分とか10分で構いません。

むしろあまり長時間は集中力が持たないので、タイマーで測って、だらだらやるより、少しの時間から出来るようにしましょう。習慣づけることが大切です。

 

べーす
sukaipu

 

メルマガはじめました

「練習のヒント」というタイトルで、日々練習される皆様にコラムを配信します!

不定期配信で、無料です。メアドだけ入力しておいてくれれば、そのうちコラムがとんでいきます^^


【練習のヒント】〜ウォーキングベース教室不定期配信メルマガ〜
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

 

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

⇒以降の筆者の演奏スケジュール・随時更新中です!

マイナスワンにもなるウォーキングベース練習お勧めアプリ!

1,300曲のジャズスタンダードの伴奏上で練習できます。キー、テンポチェンジも自由自在です!


→詳しくはこちら

 

infomation


ベース ブログランキングへ
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

 

-ウォーキングベース上達基礎練習法, リズムについて

Copyright© 元パンクロッカーでも弾ける!超かんたんウォーキングベースライン作成講座! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.