ベースライン動かしたときの音符の長さを曖昧にしない


スポンサーリンク

ベースのリフやソロ的アプローチをするときなど、休符や音の長さ(サスティーン)が曖昧になりやすいです。

休符や音の長さが曖昧になりやすい一例

こんなフレーズがあったとします。

譜面に起こすとしたらどうなるでしょうか。

こんな感じ①、

もしくは、こんな感じ②

もしくは、こんな感じ③だと思いますが、

 

なんかはっきりしてない感があります。

①ならしっかり1小節目の8分裏を鳴らす

②ならしっかり1小節目の4拍目を休む

③ならしっかり2小節目を全音符で伸ばす

というふうにはっきりしたらきれいです。

曖昧なフレーズがずっと続くと、全体のラインもピリッとしないです。

速いテンポではあまり意識しないけど…

速いテンポだと、


①も②も同じように聴こえるから、そんなに休符やサスティーンも意識しないかもしれませんが、

これらをスロー再生すると、違いは歴然です。

1小節だけではあまり違いがわからないかもしれませんが、

何小節も続くと、違いがはっきりします。


伸ばすか切るかは曲調によりますが、曖昧にリフを奏でるより、はっきり休符やサスティーンを意識した方が、立体感のある演奏になります。

お勧めリズムトレーニング書籍

上記のように自由にリズムをコントロールするのも訓練が必要です。

いろいろな練習方法がありますが、以下は音符や給付の長さを意識するリズムトレーニングです。

また、以下の書籍、「一生使えるベース基礎トレ本」のリズムトレーニングのやり方はとても良く、レッスンや自分の練習にも応用させていただいています。

ベース・マガジン 一生使えるベース基礎トレ本 ベーシストのためのハノン(CD2枚付き)

新品価格
¥2,160から
(2017/9/30 19:57時点)

べーす
sukaipu

 

 

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

ある生徒さんに影響され、ストップウォッチ購入。タニタのストップウォッチはアマゾンで600円位でした。

携帯のタイマー使ってましたが、ラインやら検索やらいろいろしてしまうので、こっちのほうが練習とか事務仕事とか集中できます。

10日間ほど演奏がなかったですが、また来週から少しづつ演奏やってます!

10/2(月)笹塚bar竹花(ジャムセッション) Start/19:30 CHARGE/¥1000(別途飲食代¥2000)
W/河原崎聡(Ts)村山峰之(ds)田中利佳(P)他

10/6(金)銀座月のはなれ Start/20:00 CHARGE/¥投げ銭
W/佐分理恵(P)

10/7(土)吉祥寺麻よしやす START/15:00 CHARGE/¥投げ銭
星野徹ウッドベース・ソロBGM

10/8(日)千歳烏山ベラーノ(ジャムセッション) Start/17:00 CHARGE/¥2000
W/村山峰之(ds)関口由浩(P)

⇒以降の筆者の演奏スケジュール・9月20日更新です!



infomation


ベース ブログランキングへ
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

スポンサーリンク

コメント投稿は締め切りました。