リズムについて

ベースライン動かしたときの音符の長さを曖昧にしない

更新日:

スポンサーリンク

ベースのリフやソロ的アプローチをするときなど、休符や音の長さ(サスティーン)が曖昧になりやすいです。

休符や音の長さが曖昧になりやすい一例

こんなフレーズがあったとします。

譜面に起こすとしたらどうなるでしょうか。

こんな感じ①、

もしくは、こんな感じ②

もしくは、こんな感じ③だと思いますが、

 

なんかはっきりしてない感があります。

①ならしっかり1小節目の8分裏を鳴らす

②ならしっかり1小節目の4拍目を休む

③ならしっかり2小節目を全音符で伸ばす

というふうにはっきりしたらきれいです。

曖昧なフレーズがずっと続くと、全体のラインもピリッとしないです。

速いテンポではあまり意識しないけど…

速いテンポだと、


①も②も同じように聴こえるから、そんなに休符やサスティーンも意識しないかもしれませんが、

これらをスロー再生すると、違いはよくわかります。

1小節だけではあまり違いがわからないかもしれませんが、

何小節も続くと、違いがはっきりします。


伸ばすか切るかは曲調によりますが、曖昧にリフを奏でるより、はっきり休符やサスティーンを意識した方が、立体感のある演奏になります。

お勧めリズムトレーニングと書籍

上記のように自由にリズムをコントロールするのも訓練が必要です。

いろいろな練習方法がありますが、

基本は4分音符、8分音符、4分休符、8分休符をしっかりコントロールできてからと考えます。以下のような基礎練習です。

こちらの動画の練習のやり方は以下のページで詳しく説明しています。

http://basslesson.toruhoshino.com/sibuhatibu/

 

また、以下の書籍、「一生使えるベース基礎トレ本」のリズムトレーニングのやり方はとても良く、レッスンや自分の練習にも応用させていただいています。

ベース・マガジン 一生使えるベース基礎トレ本 ベーシストのためのハノン(CD2枚付き)

新品価格
¥2,160から
(2017/9/30 19:57時点)

 

べーす
sukaipu

メルマガはじめました

「練習のヒント」というタイトルで、日々練習される皆様にコラムを配信します!

不定期配信で、無料です。メアドだけ入力しておいてくれれば、そのうちコラムがとんでいきます^^


【練習のヒント】〜ウォーキングベース教室不定期配信メルマガ〜
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

便利なアップルペンシルグッズを入手。

ペン先ホルダーと

ヘッドの充電用ジャックがホールドされたもの。(これはなくしやすいからとても便利)

あと何か使ってないけどもうひとつついてて、650円でした。こちらで買えました^^

Apple Pencil 専用 キャップカバー Qosea ペン先カバー アダプタ連接用カバー シリコン 紛失 落下防止 超軽量 3点セット(ホワイト) アップルペンシル Pencil Cap Cover Lighting Adapter Cover

新品価格
¥650から
(2018/7/11 00:01時点)

⇒以降の筆者の演奏スケジュール・随時更新中です!

マイナスワンにもなるウォーキングベース練習お勧めアプリ!

1,300曲のジャズスタンダードの伴奏上で練習できます。キー、テンポチェンジも自由自在です!


→詳しくはこちら

 

infomation


ベース ブログランキングへ
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

 

スポンサーリンク

-リズムについて

Copyright© 元パンクロッカーでも弾ける!超かんたんウォーキングベースライン作成講座! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.