シャッフルビートのベースライン(Isn`t She Lovely)より【動画と解説つき】


スポンサーリンク

シャッフルビートで「Isn`t She Lovely」にも使えるベースラインを弾きました。

「Isn`t She Lovely」などに使えるシャッフルビートのベースライン

原曲キーはEですが、ジャズセッションではFで演奏されることが多い為、Fで弾きました。

・参考譜面

humen

・参考音源

Isn’t She Lovely (Album Version)

新品価格
¥250から
(2016/3/25 10:33時点)

ベースライン作成で意識したこと

1つのパターンを作成し、それぞれの小節にはめていくという形でラインを作りました。

こういう進行を

1

こんな感じではめていきました。

2

口ずさむと、「たああ んたた たんた んたた」

4分音符ひとつが、8分音符3等分の和から成り立っているという解釈が、こういった曲の解釈のポイントです。

シャッフルビートとは?

根本的なシャッフルのリズムは、真ん中の音符を取り除き休符にした3連符からつくられる。 このリズムはブルースやロック、カントリーを含む多くのジャンルの音楽において用いられる。 多くのジャズ(特にスウィング・ジャズの時代以降)では、ふたつの連続した8分音符を等間隔に演奏せず、ふたつめよりひとつめをより長く演奏する。

以上wikiより

私の場合、ドラムのリズムで判断します。

・シャッフルビート

・ジャズの4ビート

同じ楽曲、コード進行でも、以下のようなジャズの4ビートとはまったく違ったものになります。

さて、以下は応用です。シャッフルビートのベースのリズムパターンを幾つか弾いてみました。

応用:シャッフルビート・リズムパターン

「Isn`t she lovely」でよく使われる進行に、シャッフルビートのリズムパターンをはめてみました。

シャッフルビート・パターン1

たったたったたったたった

と、単調ですが、ポップスにジャズテイストを取り入れたバンドなどでこのパターンは結構使われてます。

patan syokyu

シャッフルビート・パターン2

たったんたたたったんたた

というリズムパターン。

patan1

スポンサーリンク

3連符の一拍目を抜くことで、「キレ」や「ドライブ感」が生まれやすくなります。

patan1

 

シャッフルビート・パターン3

70年代のモータウン系サウンドを意識しました。2拍目と3拍目がまるまるぬけています。

更に4拍目の3連の1拍目も抜き、空白が多目。

一見物足りないけど、こういうパターンでもループさせることで”ブラックミュージックっぽさ”になります。

patan2

レゲエにもいけそうですね。

休符をいろいろな場所にハメてみよう

シャッフルビートのベースラインのポイントは、何の音を使うかよりも、どこに休符をおくかだと考えています。

休符のまったくないパターンがこれ。

2016-03-30_103634

それぞれの3連符の真ん中に休符を入れたり

patan syokyu

思い切って休符を多目に入れたり。

patan2

自分で休符をいろいろなところに分布させ、どんなパターンがかっこいいのか試してみるといいでしょう。

べーす
sukaipu

ウォーキングベースやベースの基礎練習について、またブログの感想、メッセージなどありましたら受け付けております。

※ご質問は無料ですが、匿名の方のご質問としてブログネタにさせて頂くこともあります。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

 

⇒以降の筆者の演奏スケジュール・随時更新中です!



infomation

ブログ王ランキングに参加中!
↑!日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

コメント投稿は締め切りました。