ジャズの1曲を「弾けるようになる」ために練習していること・ベーシスト編


スポンサーリンク

ジャズの1曲を「弾けるようになる」ために、ベーシストができておきたいことを3つまとめてみました。

曲を唄えるようにする

ジャズに限らず、ポップスでも演歌でも他人のオリジナルでも、曲のメロディーを歌えることが大切です。はじめはベースを持たなくてもいいので、歌えるようにしたいです。

ベーシストはベースラインを弾くから関係ないということはありません。ドラマーだってメロディを弾くわけではありませんが、リズミカルに叩けている人は大抵メロディが頭に入っています。

Aメロの感じ、Bメロの感じ、サビの感じ、ブレイクや”クイ”の感じを、何回も聴いて、身体に楽曲を浸透させておくことが大切です。

余裕があれば、個人練習の時に、ベースでメロディを弾いてみましょう。自分で弾いてしまえば、覚えやすいです。

ジャズの曲のロスト防止の為にチェックしておこう!いちかっこ・にかっこはわかる?テーマ歌えてる?

 

コードを見てベースラインを弾けるようにする


たとえば、

Cm⇒F7⇒B♭⇒E♭△

とコード進行があったら、そのコードを見てベースラインが組み立てられることが理想です。

ただ、はじめからすぐに出来るわけではありません。

1・ルート音のつかいかた

2・5度のつかいかた

3・3度のつかいかた

など、少しづつ理解していくことで徐々に、「コードに対する瞬発力」が身についてきます。

コードに対する瞬発力とは、

コードを見る⇒ 脳で理解する⇒ 手を動かす

という動作です。はじめは誰でもこの流れが遅いです。今第一線で活躍しているプレイヤーだって、はじめはコードなんか読めません。

曲を分析し、こなしていくことで少しづつこの流れが速くなってきます。

 

コードを見てベースソロが出来るようになる

いわゆる、”アドリブ”です。

敷居が高く感じるかも知れませんが、これも音とコードの関係性を知り、回数とトレーニングを重ねることでできるようになります。

曲1つ1つにも表情があり、全ての曲に対し、「こうしておけばソロができますよ」というマニュアルはありませんが、

まず、課題となる1曲を深く、時間を掛けて研究することが大切です。

スポンサーリンク

 

ただ、ソロやアドリブに関しては書籍やウェブだけの独学ではわかりにくいことも多いので、レッスンを受けることもお勧めです。

べーす
sukaipu

■□■□■□震災の募金について■□■□■□

震災の募金はクレジットカードやTポイントからでも、スマホ、ネットからできるそうです。

↓Tポイント募金

http://donation.yahoo.co.jp/detail/1630023/

↓楽天クレジットカード募金

http://corp.rakuten.co.jp/csr/donation/kumamoto_201604/

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

マラソンの影響で、ヒザがガックガクです。

しばらくトレーニング休んで練習に集中しよ。

今日は笹塚でジャムセッションでございます^^詳しくは、以下スケジュールから!

⇒筆者の演奏スケジュール・6月8日更新です!



infomation

ブログ王ランキングに参加中!
↑!日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

コメント投稿は締め切りました。