ベースアドリブソロ解説シリーズ

ジャズのベースソロをアドリブで出来るようにする練習法③【トライアドの概要】編

更新日:

スポンサーリンク

ベースソロ,アドリブ解説シリーズ 本日第3回目。

ブログと動画で発信していきます。

レッスン第3回目も前回に引き続き「フライミートゥザムーン」などで使用される、Aメロの8小節、以下の進行でのベースアドリブについての説明です。

本記事の内容

本記事は、これまで都内で500本以上のジャムセッションの伴奏を経験し(推定)都内で現役のジャズベース奏者、指導者として活動する星野徹が

・アドリブのソロの組み立てがわからないかた
・新しいアドリブソロのアイディアを取り入れたい方
・これからジャズベースやろうと思われているベーシストの方

に向けた記事になります。

前回は、「フライミートゥザムーン」の3度を繋いでそれっぽく成り立たせる練習を提案させていただきましたが、今回は、更にコード感を出していく練習を、まず概要からご提案させて頂きます。

前回までの記事・動画はこちらです。

トライアドでアドリブソロ(概要)

今回は、トライアドでアドリブソロを組み立てる練習です。

前回は、コードを見てパッと3度を思い浮かべられるようにし、コードごとに3度の音とと3度を結ぶとメロディアスになるよ ということを解説させていただきました。

ただ、そこを結ぶ音はどんな音がいいかまでは説明してなかったですよね。

 

↑前回はこんなイメージで弾いていますが、

今回は、「3度と3度を結ぶ音にトライアドの音を使ってみましょう」ということでお伝えします。

アドリブ演奏に超役立つ!「トライアド」とは?

コードトーンは一般的に、ルート、3度、5度、7度といいますが、

ここからは、コードの1、3、5度の3和音を使っていきます。

この3和音のことを、「トライアド」と言います。

各コードのトライアドはこんな感じです。

で、小節のはじまりの音を3度にし、それらをこのトライアドで結んでみます。

こんな感じになります。

(例1)

 

 

(例2)

前回の説明のように、3度と3度を繋いで、その間の音をテキトーに弾いてもそれっぽくはなるのですが、

トライアドで繋いでいくとサウンドがしっかりしてきた感じがしませんか?

前提として、アドリブソロは必ずしもトライアドで構築しなければならないということはないですが、

より鮮明にコード感を意識したい場合

テンションの音を絡めたい場合

楽曲のソロをいっぱつものから脱却したい場合

など、こうしたトライアドを意識することが大切です。

 

 

コードの骨格!「トライアド」はこんな役割

前提として、アドリブソロは必ずしもトライアドだけで構築しなければならないということはないです。

C△7っていうコードがあったら

ドレミファソラシドってダイアトニックアで弾く場合も場合もありますし

ドレミソラドってペンタ弾くこともありますよね。

 

ただ、フレーズにドミソが多く、トライアドに寄り添ったアプローチをするほど、よりそのコードの感じ(コード感)を鮮明に演出することができますし、

あえて ドミソを外したトライアドに寄り添わないアプローチをするほど、ふんわりした感じや不思議な感じの演出に繋がります。

 

これは表現の話になるのでどちらが好みかは自由なのですが、

いずれにしろ、トライアドの音が意識出来ているかが、こうした表現のコントロールにも繋がります。

ということで、今回の記事ではアドリブをするうえで「トライアド」って大事なんですよっていうところがまず伝わればと思います。

 

ジャズの楽曲でトライアド応用しているケース

ジャズの楽曲でもでも多くのトライアドが応用されたアプローチが使われています。

以下

譜面の赤線がコードに対しての1度
青線がコードに対しての3度
緑線がコードに対しての5度

です。

・I Mean you

スポンサーリンク

・Confirmation

・Doxy

 

などですね。耳にされたこともあるのではないでしょうか。

ということで今回は、アドリブソロを演奏する上で、トライアドを使いこなせることは大切ということをお話させていただきました。

次回はトライアドを使う上での具体的な練習方法について説明していきます。

この記事の動画

チャンネル登録して頂くと更新通知が届きますのでぜひ登録してください^^

YOUTUBEチャンネル登録はこちら

無料レッスン・ベースアドリブ6日間集中解説講座

アドリブやジャズベースをやりたいベーシストに向けた全6編無料のメルマガです。

メルマガの内容は以下です。

1日目・おしゃれなマイナーペンタフレーズを「Fly me to the moon」で
2日目・オリエンタルなハーモニックマイナーを「Softly as in a morning Sunrise」で
3日目・♭9を使ってジャジーなツーファイブフレーズ
4日目・複雑な「オルタード」をメジャーペンタの形で解釈?
5日目・「Days of wine and roses」のソロ2コーラスとソロ中に考えていること
6日目・ベースアドリブ解説まとめ

という内容で、ご登録から6日間毎日メールがとんでいきます。

既にメルマガにご登録頂いた方には読んだ文章、ご覧になられた動画もあると思いますが、今まで、アドリブに関連して送った内容をひとまとめにし、内容を整理したものになりますので、

復習がてらもう一回見てみたいって方は、是非ご登録頂けたら嬉しいです^^

メルマガのご登録はこちら

各レッスンについて

■スカイプやラインムービーでのオンラインレッスン■

朝10時から夜22時の間で、全国からどこでも好きな時間にレッスンが受けられます。単発レッスンでも可能です。

アドリブ、ベースラインの組み立て方、音楽理論などにご対応致します!

■ベースレッスンの詳細(東京高田馬場)■

こちらは対面式のパーソナルレッスンです。エレキベースからウッドベースまで対応しています。

東京高田馬場で行っています。

 

セッションですぐに使える!スタンダード曲のウォーキングベースライン

詳細・ご購入はこちら

ツイッター

「今日から使えるベースフレーズ」ツイッターとで毎日配信中です。

 

フォローはこちら

Instagram

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

⇒以降の筆者の演奏スケジュール・随時更新中です!

 

infomation


ベース ブログランキングへ
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

7人の購読者に加わりましょう

-ベースアドリブソロ解説シリーズ

Copyright© 元パンクロッカーでも弾ける!超かんたんウォーキングベースライン作成講座! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.