スタンダードウォーキングベース勉強会レポート


スポンサーリンク

12月2日土曜日に、スタンダードウォーキングベース勉強会を行いました。

 

スタンダードウォーキングベース勉強会

ある1曲で四分音符のウォーキングベースラインを1コーラスを書いてきてもらい、あーだこーだディスカッションする会です。

今回は「枯葉」というスタンダードでもよく演奏される曲を題材にウォーキングベースラインを組み立ててもらいました。

「枯葉」のベースライン

「枯葉」のベースライン、4ビートだったら、自分ならこんなかんじで弾いたりします。

詳しくは以下で説明しています。

http://basslesson.toruhoshino.com/autumn-leaves-score-marugoto/

1小節目ならCm7のスケール、2小節目ならF7のスケールで上行したり下降したり、半音で繋いだり、そんな感じです。

コードを見てウォーキングベースを弾くことも、即興アドリブ演奏のひとつです。だから作成されるベースラインも人それぞれ異なりますが、

・つい手グセになってしまうところを見直す
・もう少しかっこいいアプローチにならないか考える
・ベースラインが同じパターンにりがちだから違うパターンを考える
・他の人のベースラインを見て「あーこの人はこうやって作るんだー」と思う
・コードトーンやスケールについて、勘違いして捉えいるところがないか見直す
・これらをもとに、音使い、リズム使い、練習方法を見直す

など、いろいろ発見があったと思います。

こんなことやりました

実際レクチャーさせて頂いた内容の一部です。

3度や5度など、ルート以外の音からウォーキングベースラインを弾くことも可能です。

3度から始めるパターン

5度から始めるパターン

ルートを弾かないパターン

どういう場所で使えるかは、テンポや編成や展開によって変わってきますが、パターンがワンパターンになったと思ったら、こういったウォーキングパターンも試してみたらいいと思います。

スタンダードウォーキングベース勉強会次回

会場:早稲田軍艦島
日時:20181月6日土曜日16時~17時半
参加費:1500
課題曲:バイバイブラックバード

現在レッスンを受けてくださっている生徒さん限定です。(定員達次第締切)
参加ご希望は星野まで直接メール下さい。

 

べーす
sukaipu

 

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

インフルエンザの予防接種を打ってきました。

打ったら副作用で頭がボーっとするっていう人もいるみたいだけど、大丈夫みたいです。

今日は笹塚です。

12/4(月)笹塚bar竹花(ジャムセッション) Start/19:30 CHARGE/¥1000(別途飲食代¥2000)
W/村山峰之(ds)田中利佳(P)他

来年の演奏予定アップしました。

⇒以降の筆者の演奏スケジュール・12月4日更新です!




にほんブログ村
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

スポンサーリンク

コメント投稿は締め切りました。