理論からベースライン作成に生かそう② バンドスコアに書いてあるベースラインが覚えにくい時の考え方

スポンサーリンク

前回のコード理論記事を生かします。
http://basslesson.toruhoshino.com/kouseion/

バンドスコアに書いてあるベースラインが覚えにくい時の考え方です。

覚えにくいバンドスコアのベースライン

 

弾いてみると、そんなに難しくないと思います。

しかし、タブ譜の場合、33333203….と、この数字の羅列を覚えなければなりません。

上記の譜面には、4弦から1弦まで使い、開放弦から5フレットまで数字がびっしりです。

回数こなせばやれば覚えられるかも知れませんが、しばらくすれば、忘れます。

電話番号みたいなものです。

忘れると、ライブ中に覚えた部分がとんでしまい、どこを弾いていいかわからなくなってしまうこともあります。

そんな事件を、コードを覚えることで防止できます。

 

コード譜で弾こう

タブ譜を消して、コードだけ書きました。

これだけで、弾けます。

前回の記事に基づいて、作成していきます。

理論からベースライン作成に生かそう① コード構成音(コードトーン)とは?

まずルートを弾こう

コード記号の左側のアルファベットの部分。

C△7ならC
EmならE
F△ならF
G7ならG

これが、ルート音です。

3

ポジションです。

ルート音を弾けば、楽曲が成り立ちます。シンプルですが、こんな感じです。

要はタブ譜通りに弾かなくても、いいんです。ルート音はどんな曲にも存在します。以下指板上のルート音一覧表です。

ルート音一覧

ダウンロードできます。↓

https://www.dropbox.com/s/ksgd4qtzd0gllqc/%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%88%E9%9F%B3%E4%B8%80%E8%A6%A7.jpg?dl=0

5度を弾こう

ルート一音だけじゃ物足りないって思ったら、ベース音装飾したくなってくると思います。

そうしたら5度を使ってみましょう。ベースラインを動かしても、一番変に聞こえないのは5度です。

指板だとこの位置。赤がルートだとすると、青が5度です。

4

この曲だとここです。

指板

譜面です。

5

スポンサーリンク

5度を組み合わせて弾いてみました。随分動きがついた印象です。

小節の最初の音がルートであれば、どの位置に5度を持ってきてもわりとハマります。

 

3度を使いこなそう!

これは実は冒頭で紹介したベースラインです。

ルートと5度と3度で構成しました。

3度を自由に使いこなせると、更に幅が広がります。マイナ-3度とメジャー3度の違いを把握して、動きをつけられるようになれればベストです。

basslesson.toruhoshino.com

コードトーン

これら一連の、ルート、3度、5度の音が前回の記事でご紹介した「コードトーン」です。※7度は今回は省略しています。

コードトーンが自在に操れるようになれば、タブ譜はだんだん必要なくなります。こんなアルファベットだけの譜面も読めるようになります。

12009546_977554692285787_6416373543767477982_n

読めるようになるには多少コツがいりますが、音大に行って勉強する必要はありません。社会人や学生の方でもコードトーンを覚え、バンドやセッションで使いこなしている方は沢山いらっしゃいます。

次回5/22は、理論と耳コピの関係についての記事を書きます。

べーす
sukaipu

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

玄関でサボテンを育てているのですが、頭からにょきっと小さな芽が生えてきて、ものすごいスピードで育っています。

⇒以降の筆者の演奏スケジュール・随時更新中です!

2018年6月17日神楽坂ライブ

都内はお洒落な観光名所「神楽坂」で、2018年6月17日日曜日、ジャズライブを開催することになりました。

現在予約受付中です。

詳細はこちらです。

2018年6月17日 神楽坂ジャズライブのご案内です

infomation


ベース ブログランキングへ
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

 

コメント投稿は締め切りました。