スケールについて コラム・日記・雑談

12キー全てのスケールの運指の練習をしたほうがいいですか?

更新日:

スポンサーリンク

スケール練習のとき、12キー全ての運指の練習をしたほうがいいのですか?

といわれることがよくあります。

すっごく大事です。

けど全部やろうとするとキリがないので、曲で使うスケールを集中的にやったほうがいいとアドバイスしています。

本記事の内容

本記事は、都内でジャズベース奏者、指導者として活動する星野徹(@jazzbassisttoru)が

悩めるベーシスト
スケール練習ってよく聞くけど、どうやって練習したらいいかわからないです

といった方に向けた動画になります。

 

12キー全てのスケールの運指の練習をしたほうがいいですか?

例えば、Cメジャースケールだったら

C D E F G A B C C D E F G A B C・・・・・

と、Cのメジャーで3弦3フレのCから1弦17フレのCまで行って降りてくる。終わったら、Dフラットのメジャー。

D♭ E♭ F G♭ A♭ B♭ C D♭ D♭ E♭ F G♭ A♭ B♭ C D♭・・・・・

D E F# G A B C# D D E F# G A B C# D・・・・・

で、同じ動作を行い、Bメジャーまで行う、12キーでという練習が必要かというご質問です。

できればいいに越したことはないですけど、キリがないです。

なので、

実際の曲で使うスケールを集中的にやったほうがいいとアドバイスしています。

a

曲で使うスケールを集中的にやったほうがいい理由

メジャースケールだけではない

スケールはメジャースケールだけではなく、

マイナー・スケールのパターンもあります。

マイナー・スケールでも、いろいろなスケールがあります。

マイナーセブンスフラットファイブとか、ディミニッシュとか、

メロディック・マイナー・スケールとか、ハーモニック・マイナー・スケールとか、ドリアン、フリジアン。。。。キリがないです。

 

テンポもいろいろな速さを試さなくてはならない

テンポは無数にあります。更に、表打ち、裏打ち、3連と、ハクの取り方まで拘ったらこれもまた無限にあります。

 

運指のコースも無限にある

 

ローポジションのドレミファソラシドだけでも、以下のように上がり方は無数にあります。

画像1、

画像2、
画像3

きりがないです。

いろいろなテンポやキーを組み合わせて練習するには大幅な時間確保が必要です。

なので、実際の曲で使うスケールを集中的にやったほうがいいとアドバイスしています。

 

実際の曲で使うスケールを集中的にやったほうがいい

スケール練習は地味だし飽きやすいですが、大切なことにはかわりないです。そのため、

「まず自分の課題曲のスケールの運指を練習したらどうですか」

と言っています。

たとえば枯葉(Autumn Leaves)だったらキーがGm。

ダイアトニックスケールで、G A B♭ C D E♭ F の音を使うことが多いです。

この進行だけでも

こんなふうに、様々な動きがあります。

B♭1、 B♭2 B♭3

ソロもウォーキング・ベースラインを作る時も、色々なバリエーションの運指、進行のスタイルを知っていると、役立ちます。

12キー練習を挫折した実体験

アメリカに行った時、時間があったので12キーのメジャーセブンススケールとナチュラルマイナースケールをテンポ60から240まで毎日練習をし、運指のコースを色々考えたことがありましたが、すぐに挫折しました。

なんどもいいますが、きりがないのです。

しかも、やらなければならない練習はこれだけではありません。

ジャズ理論、リズムトレーニング、ソロのアナライズ、実際の楽曲の応用練習など、ひとつひとつに対し、濃い内容の練習をしていかなければいけません。

やらなければならないことは多いですが、生活もあり、仕事もあり、家族や友人付き合いもあります。無理につめ込まず、1日10分なら10分、1日1時間なら1時間で、「確保できる時間の中で、何をどれだけできるか」を常に考えることが大事だと考えます。

まずは、Cのメジャースケール

それでも、スケール練習をやってみたいという方、まずはドレミファソラシドからやってみましょう。

Cのメジャースケールの練習です。

ただのドレミファソラシドの練習ですが、

・音名を覚える
・スケール(音の並び)を覚える
・効率的な運指をする
・リズムを整える
・音価(音の長さ)を整える

スポンサーリンク

ことに役立つトレーニングで、ベースの初心者の方からある程度やって基礎を見直したい方にまでオススメしています。


 

無料レッスン・ベースアドリブ6日間集中解説講座

アドリブやジャズベースをやりたいベーシストに向けた全6編無料のメルマガです。

どんなレッスンをやっているのか気になるという方も、ぜひご登録頂けたら嬉しいです(^^)

メルマガの内容は以下です。

1日目・おしゃれなマイナーペンタフレーズを「Fly me to the moon」で
2日目・オリエンタルなハーモニックマイナーを「Softly as in a morning Sunrise」で
3日目・♭9を使ってジャジーなツーファイブフレーズ
4日目・複雑な「オルタード」をメジャーペンタの形で解釈?
5日目・「Days of wine and roses」のソロ2コーラスとソロ中に考えていること
6日目・ベースアドリブ解説まとめ

という内容で、ご登録から6日間毎日メールがとんでいきます。

既にメルマガにご登録頂いた方には読んだ文章、ご覧になられた動画もあると思いますが、今まで、アドリブに関連して送った内容をひとまとめにし、内容を整理したものになりますので、

復習がてらもう一回見てみたいって方は、是非ご登録頂けたら嬉しいです^^

メルマガのご登録はこちら

各レッスンについて

■スカイプやラインムービーでのオンラインレッスン■

朝10時から夜22時の間で、全国からどこでも好きな時間にレッスンが受けられます。単発レッスンでも可能です。

アドリブ、ベースラインの組み立て方、音楽理論などにご対応致します!

■ベースレッスンの詳細(東京高田馬場)■

こちらは対面式のパーソナルレッスンです。エレキベースからウッドベースまで対応しています。

東京高田馬場で行っています。

 

セッションですぐに使える!スタンダード曲のウォーキングベースライン

詳細・ご購入はこちら

ツイッター

毎日ベースに関するツイートしてます(^^)よかったらフォローしてください!

 

フォローはこちら

Instagram

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

⇒以降の筆者の演奏スケジュール・随時更新中です!

 

infomation


ベース ブログランキングへ
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9人の購読者に加わりましょう

-スケールについて, コラム・日記・雑談

Copyright© 元パンクロッカーでも弾ける!超かんたんウォーキングベースライン作成講座! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.