未分類

コードトーンと経過音で作ったフライミートウザムーンなどで使えるベースライン

更新日:

スポンサーリンク

「フライミートウザムーン」などで使われているコード進行上で、コードトーンと経過音を使ってラインを組み立ててみました。

コードトーンについて曖昧という方は、復習がてらご覧ください。

1度、3度、5度、7度のコードトーンと経過音で組み立てたベースライン

ベースラインを1度、3度、5度、7度で組み立てました。

 

こちらからダウンロードできます。

https://www.dropbox.com/s/tdil4mcjqvdvqz7/Fly_me_to_the_moon_915%E7%94%A8.pdf?dl=0

コードの1度、3度、5度、7度の音を「コードトーン」と言います。

コードトーンについてはこちらで詳しく説明しています。

理論からベースライン作成に生かそう!コード構成音からベースライン作成

ひとつのコードがあったとき、そのコードの中で使える音はいろいろありますが、そのコードの感じをより強く出す音がコードトーンです。

コードトーンを応用して、この16小節のラインの中でどのような心がけでベースラインを組み立てたかを細かくお伝えします。

この譜面の説明

1.はじめの音はルート

それぞれの小節の第一音目はルートにしています。

第一音目にルートをあえて使わないベースラインの組み立て方もありますが、第一音目にルートを音を持ってくるのは基本の形です。

◆ルートについての記事
http://basslesson.toruhoshino.com/route/

2.開放弦を多く使う

Gの音だったら、2弦5フレでなく1弦開放

Dの音だったら、3弦5フレでなく2弦開放

を使いました。絶対にそうしなければいけないということはないのですが、ウォーキングベースは、常に1音1音違う音を弾くことがあるので、全て押さえながら進行していくのは大変です。

開放弦を織り交ぜながら進行することで運指も楽になることがあります。

◆ベースで開放弦を使うことについてより詳しく説明した記事
http://basslesson.toruhoshino.com/kaihougen/

 

で、すみません^^;まだ途中なんですけど、すっごく長くなりそうなので続きは後日!

この3連休、演奏3連チャンで移動と練習があるので、できたら明日、もしくは明後日続きを書きますね!

ワンランク上のFブルースウォーキングベースライン

新宿ウォーキングベース教室初の有料教材がリリースされました。
Fブルースのウォーキングベースラインについて、「note」というアプリで販売してます。
価格は¥280とお求めやすくしました
ワンランク上のベースライン作成用としてお役立て頂ければ幸いです。

→詳しくはこちら

 

ベースレッスン・スカイプレッスン

東京・高田馬場でのマンツーマン・レッスン。無料体験ベースレッスン随時受付中!
べーす

スカイプでのベースレッスン。全国対応しています。
sukaipu

メルマガはこちら

「練習のヒント」というタイトルで、日々練習される皆様にコラムを配信します!

不定期配信で、無料です。メアドだけ入力しておいてくれれば、そのうちコラムがとんでいきます^^


【練習のヒント】〜ウォーキングベース教室不定期配信メルマガ〜
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

今日は小岩のバック・イン・タイムで演奏です。

チマサンチュが大きくなってきました^^

⇒以降の筆者の演奏スケジュール・随時更新中です!

質問箱設置しました

ウォーキングベースやソロの作成方法、練習のやり方、ライブの心構えなど、お気軽にご質問ください。

ブログでお答えさせていただきます(^^)

 

↓ご質問はこちらから↓

 

 

 

infomation


ベース ブログランキングへ
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

 

スポンサーリンク

-未分類

Copyright© 元パンクロッカーでも弾ける!超かんたんウォーキングベースライン作成講座! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.