ジャズをやってみようと初めて思ってから、初めて発表会に出られるようになるまで、実際にやってたこと


スポンサーリンク

1029

ジャズ、かっこいいなあ、弾けるようになりたいなあ。

けど、どうすればいいんだろう。

初めはそんな感じでした。26歳のフリーター。ピンク頭のロッカーでした。実際にジャズをやりたいと思ってから、初めての発表会に出た経緯まで綴ってみました。

 

相談からスクール受講まで

「俺、ジャズやってみたいんだけど」と、スタジオのおばちゃんにいう

「じゃあうちでやっているセッションに来なさいよ、ブルースぐらい弾けるでしょ?」

「たぶん。。。(←ブルースってなんだ?)わかったじゃあ行くよ」

数日後、セッションに行く

ブルースを弾いている人達を見て、「自分には無理だ」と、挫折。

「君、弾く?」とかいわれて

「いやいやいやいやいやいや無理です!」とか言って、断りました。

この時、当時付き合ってた女の子が一緒だったので、かっこわるかったでしょうね。

数週間後「俺、ジャズやってみたいんだけど。。。」と、ふたたび恐る恐るスタジオのおばちゃんにいう。

「あんた、言ってるだけでセッションにも来ないし、それじゃあジャズ出来ないわよ~」

数日後、実際にセッションに行く(今度はひとりで)

ブルースを弾いている人達を見て、「自分には無理だ」と、やっぱり挫折。

 

こんな、前進しないしょうもないやりとりを半年以上続けていました。自分はアクティブで行動派だと思っていたのですが

・自分がジャズを弾いているシーンが全く想像できないこと
・セッションに参加して失敗して怒られたらどうしようという恐れ(びびってました)
・周囲にパンクロッカーしか居なかった為、他ジャンルの音楽に取り掛かる事に関しての知識を持っている人間が皆無だった

という理由がありました。

結局、スタジオのおばちゃんにいわれたひとこと。

「あんたベースのレッスン受けてみたら?」

がきっかけでした。ベースのレッスンは検索すればいくらでも出てきますが、当時は「レッスンを受ける」という概念が無かったのです。

この頃はメジャーもマイナーもよくわかっていなかった癖に自分に対しては絶大な自信を持っていて、「俺には特に習う事なんかない」と自負していましたので、体験レッスンにいくという行動に移すまでまた2か月くらい掛りました。

総トータル、8ヶ月掛かりました。

「やってみたい」と思ってから、体験レッスン受講まで8か月も掛っていました。

初めての音楽レッスン

住まいと「ジャズベースレッスン」で検索し、新宿の音楽教室がヒット。体験レッスンにいきました。

好きなバンドは?と聞かれ、

「えっと、ランシドとか、ラフィンノーズとか。。。」

「ラフィンノーズ!!」

1

※↑ラフィンノーズ

びっくりしてた先生が印象的でした。

「あ、でも、バンドでエゴラッピンみたいなのやってみたくて、ベースラインの作り方がよくわからないので…。」

「なるほど、ちょっとなんでもいいから弾いてみて」

「はい。」

「ピックの当て方なんだけどね、こうするといいよ」

「あ、ほんとだ」

8年やって、人生で初めて頂いたアドバイスは、ピックの持ち方についてでした。

もしかしたら何か変わるんじゃないか、って漠然と思いました。

その場で受付のおねえさんに、「入会します」といいました。

美人だったけど、電話番号は聞かずに、音楽をがんばってみようと思いました。

 

スクールから発表会

スクールに通えば、先生が居て、今の自分の実力や知識を見て、お勧めの曲や練習法を提案してくれます。

理論関連はすぐには理解できなかったので苦しみましたが、先生に教えて貰ったジャズのセッション初心者コースにいくと、同じように理論がわからずに苦しんでいる仲間が居る事を知りました。

10代から50代、60代の方まで、様々な年代、職業の方が、自分と一緒に1曲の音の遣い方について真剣に悩んでたり、勉強してたりして

ディスカッションしたり、時には飲みにいったり、友達が増えてきました。

同時に少しづつ練習する楽しさを覚えてきて、レッスン受講後半年で発表会に出る事が出来ました。

参加費5000円の発表会で1曲、「ストレートノーチェイサー」のテーマとウォーキングベースを合計3コーラス弾いただけですが、パンクロック以外の曲を初めて弾いた、自分の人生の中での大きな躍進でした。

 

ジャズは音大出身じゃなくても出来る

 

おばちゃんとのやり取りをしていた「相談からスクール受講まで」の期間に、もっと早く腹をくくってレッスンに通っていれば、あと1年は早く発表会に参加出来たでしょう。

ただ、当時はジャズをプレイするなら、音大出身じゃなきゃいけないと真剣に思っていました。

・音づかいが意味不明
・理論のオンパレード
・金持ちの音楽

そんなイメージを、ジャズという音楽に抱いていました。練習して出来るものではないと思っていました。そうした固定概念がハードルを上げ、行動を制御していたのでしょうが、ただの思い込みに過ぎません。

「楽器やろっかなー」と思っている人は、大抵このように「考えている時期」が長過ぎて、結局挫折しちゃっているケースも多いのでは?

ジャズでもクラシックでもハードロックでもプログレッシブでも、慣れるまでは大変です。慣れても、仲間が出来るにはもっともっと時間が必要な事もあります。

が、音大出ていない人でもやっている人は沢山居ます。バリバリライブしているサラリーマンの人もジャズ界では少なくないです。ちょっと慣れるまで大変かも知れないけど、それを乗り越えたら、もっと楽しくなります。

べーす
sukaipu

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

なんとなく苦手なスタンダード

ヤードバード組曲
スピーク・ロウ
アイラブユー
セント・トーマス

なんとなく好きなスタンダード

星影のステラ
イフアイワー・ア・ベル
朝日のように爽やかに

昨日は弾いたなあ。身体ガッタガタだあ。。。

⇒筆者の演奏スケジュール・10月1日更新です!




にほんブログ村
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

スポンサーリンク

コメント投稿は締め切りました。