3連符が苦手な理由と、リズミカルな3連符を弾く為に心掛けておきたいこと


スポンサーリンク

3連符が苦手で…とよく聞きます。なぜ3連符が苦手なのか、リズミカルな3連符を弾く為に心掛けておきたいことを検証しました。

 

なぜ3連符が苦手なのか

3拍子の曲に慣れていない

世の中の殆どのポピュラーミュージックは、「4」で曲をカウントします。1-3のリズム、2-4のリズム、「ウラ拍」という言葉もありますが、基本「ワン・ツー・-スリー・フォー」で殆どの楽曲は捉えられています。”4拍子の曲”です。

曲を「3」でカウントする曲が、”3拍子の曲”です。

jazzなら「いつか王子様が」「不思議の国のアリス」、ポップスなら「部屋とYシャツと私」などがありますが、圧倒的に世の4拍子の曲に比べると3拍子の曲は数が少ないです。ダンス、クラブミュージックなどで3拍子はまずありません。

 

”3”のリズムに慣れていない

以下、4拍子です。

4拍子

sa

1つの小説の中に、4分音符が均等に配置されています。
小説の長さを「1」とすると、1つの音符の長さは1÷4で「0.25」となります。

0.25という長さがが均等に配置されています。

sa

 

3拍子

3拍子の場合、以下のようになります。

CDECE,,

1小節を3で割ることになります。1÷3=0.33333333…..

つまり、割り切れないです。

CDECE

1小節を4で割れば、全てが0.25の尺で割り切れる事が出来ますが、3では割り切ることが出来ません。この曖昧さが、多くの人が3連符を苦手とする要因と考えます。

 

3連符克服トレーニング

3連にも4拍3連、2拍3連、1拍3連といろいろ種類がありますが、まずは1拍3連の感じを掴めるようにしましょう。

1拍3連は、一般的にいわれる”3連”の中でも、いちばん基礎的な3連です。

 

1拍3連

1-3renn

4分音符を3等分したものが一拍三連です。

 

口に出して歌おう一拍三連トレーニングフレーズ

音源、口に出して歌ってみてください。

どーどーどどどどー どーどーどどどどー どーどーどどどどー

という感じで。

赤で書いた部分が一拍三連です。譜面の、赤いラインのところです。

DODODO

超スローバージョン。

ぉぉぉ ぉぉぉ どぅぅどぅぅどぅぅ ぉぉぉ

のイメージです。

口に出して歌えることが大切です。口に出して歌えるという事は、脳で理解しているというということなので、指で弾けるようになります。しかし、口に出して歌えなければ、脳で理解できてないということになりますので、指でも弾けません。

 

3連でよくありがちな間違い

こんな風になっていませんか?

この場合、スローにすると

ぉぉぉぉぉぉ どぉどぉぉぉどぉ どぉぉぉ

ぉぉぉぉぉぉ どぉぉぉどぉどぉ どぉぉぉ

ぉぉぉぉぉぉ どぉどぉどぉぉぉ どぉぉぉ

になっています。少しわかりにくいですが、

ではなく

ぉぉぉぉぉぉ どぅぅどぅぅどぅぅ どぉぉぉ

”どぅぅ”を均等に3つ配置!

これが、肝心です。

 

「3連は苦手~」という人は沢山居ますが、「3連なら任せて下さい!」という人に会ったことありません。(私も得意ではないです)

飛び抜けた1つのプレイが長けていれば重宝される時代になってきていると思います。3連だけひったすらトレーニングして極めてみるのもいいかも知れません。
べーす

sukaipu

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

⇒筆者の演奏スケジュール・随時更新中です!



infomation


↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

スポンサーリンク

コメント投稿は締め切りました。