「トニック」「ドミナント」「サブドミナント」について難しい言葉を使わずに説明してみました

「トニック」 「ドミナント」 「サブドミナント」 教則本に出てきます。けど、わかんないですよね。 ただ、これらは音楽理論、ウォーキングベースやソロを学んでいくうえで大切です。 お持ちの教則本のヒントになればと思います。 ベースとドミナント ある楽曲の楽譜です。 まず、「7」のついているコードの中で、アルファベットと数字の間に「△」とか「-」とか「φ」が入っていないものを見て下さい。 F△7 D-7 とかではなく G7 A7 とかです。 これだけあります。   次に7のついているコードと次のコードを見てみてください。 ①G7の次はC△7 ②E7の次はAm ③A7の次はDm7 ですよね。 このとき、ルートだけを見ると、弦の上では こういうふうに動いていることが多くないですか?(同フレット無いの太い弦からひとつ細い弦に動いている。※一部違うのもあります) このとき 「7」がついているコード(セブンス・コード)が その次に来ているコードに対しての「ドミナント」です。 ドミナントってどんな働き? 7がついて隣の弦に動くのがドミナントっていうのはわかったけど、じゃあ一体ドミナントってどんな役割なの?って思いますね。 例1 今度は、「7」がついているコード(セブンス・コード)の前のコードを見て下さい。 2小節目の、G7前は、D-7です。 2小節目のD-7から4小節目のC△7まで、ベースラインを流します。(ルートのみ) こんな感じになります。 今度は、2小節目のD-7からから流し、3小節目のG7の4音目で止めます。(Cは鳴らしません)   こんな感じになります。 なんか流れが止まってしまっている気がしませんか。 D-7→G7と続いたら、C△7にそのまま続いていった方が、”流れの良さ”を感じることが出来ます。もう一回掛けます。 すっきりしますよね。 こんなふうに、 「このまま終わってしまうと中途半端だから、次のコードの音を聴きたいっ!!」 と思わせるのが、ドミナントの役割。 対し、ドミナントを経て行き着いた、”流れの良さ”を感じさせるコード。音楽では「解決する」といいますが、このコードを「トニック」 ドミナントの前にあった、”流れを作るきっかけとなったコード”を「サブドミナント」といいます。 【まとめ】 Dm7 流れを作るきっかけとなったコード「サブドミナント」 ...
2018年2月13日0 DownloadsDownload