理論関連

「トニック」「ドミナント」「サブドミナント」について難しい言葉を使わずに説明してみました

更新日:

スポンサーリンク

「トニック」

「ドミナント」

「サブドミナント」

教則本に出てきます。けど、わかんないですよね。

ただ、これらは音楽理論、ウォーキングベースやソロを学んでいくうえで大切です。

お持ちの教則本のヒントになればと思います。

ベースとドミナント

ある楽曲の楽譜です。

譜面全体

まず、「7」のついているコードの中で、アルファベットと数字の間に「△」とか「-」とか「φ」が入っていないものを見て下さい。

F△7
D-7

とかではなく

G7
A7

とかです。

これだけあります。

譜面全体

 

次に7のついているコードと次のコードを見てみてください。

①G7の次はC△7

②E7の次はAm

③A7の次はDm7

ですよね。

1

このとき、ルートだけを見ると、弦の上では

2

こういうふうに動いていることが多くないですか?(同フレット無いの太い弦からひとつ細い弦に動いている。※一部違うのもあります)

siban

このとき

「7」がついているコード(セブンス・コード)が

その次に来ているコードに対しての「ドミナント」です。

ドミナントってどんな働き?

7がついて隣の弦に動くのがドミナントっていうのはわかったけど、じゃあ一体ドミナントってどんな役割なの?って思いますね。

例1

siban

今度は、「7」がついているコード(セブンス・コード)の前のコードを見て下さい。

1

2小節目の、G7前は、D-7です。

2小節目のD-7から4小節目のC△7まで、ベースラインを流します。(ルートのみ)

こんな感じになります。

今度は、2小節目のD-7からから流し、3小節目のG7の4音目で止めます。(Cは鳴らしません)

 

こんな感じになります。

なんか流れが止まってしまっている気がしませんか。

D-7→G7と続いたら、C△7にそのまま続いていった方が、”流れの良さ”を感じることが出来ます。もう一回掛けます。

すっきりしますよね。

こんなふうに、

「このまま終わってしまうと中途半端だから、次のコードの音を聴きたいっ!!」

と思わせるのが、ドミナントの役割。

対し、ドミナントを経て行き着いた、”流れの良さ”を感じさせるコード。音楽では「解決する」といいますが、このコードを「トニック」

ドミナントの前にあった、”流れを作るきっかけとなったコード”を「サブドミナント」といいます。

【まとめ】

Dm7 流れを作るきっかけとなったコード「サブドミナント」
G7 次のコードの音を聴きたいっ!!と感じさせるコード「ドミナント」
C△7 ドミナントを経て行き着いた、”流れの良さ”を感じさせるコード「トニック」

もうひとつ見てみましょう。

例2

6小節目から8小節目

1

このとき、

Bφ7が、流れを作るきっかけとなるコード「サブドミナント」
E7♭9が、次のコードの音を聴きたいっ!!と感じさせるコード「ドミナント」
Am7が、ドミナントを経て行き着いた、”流れの良さ”を感じさせるコード「トニック」

となります。

※Bφ7はBm7(♭5)の略でハーフディミニッシュと読みます。またE7に♭9とついていますが、ここではセブンス・コードとして扱います。

Bm7♭5→E7♭9だと

 

こんな感じ。中途半端な感じですね(ルート音のみです。)

Bm7♭5→E7♭9→Am7だと

こんな感じです。上の流れよりはすっきりした印象です。

応用編

ベースの場合、単音ですが、和音にすると、もう少しわかりやすいです。

例えば、敷礼なんかでの”おじぎ”の曲

C△7→G7→C△7

という流れです。

これは、ドミナント→トニックの応用が使われています。

もし

C△7→G7

で止まっていたら、

一生このままです。

早く頭を上げさせろ-ってことで、

G7→C△7の音が使えて、スッキリトニックで解決!となるわけです。

このことを踏まえて、「苦手だ~」っていう理論書、もう一回読んでみてください。ちょっとは、謎が解けてくるかも知れないです!

べーす
sukaipu

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

生まれ育った新潟県は、スキー授業がありました。小学校3,4年生の頃住んでた小千谷市は豪雪地帯で、通ってた学校はグラウンドに斜面があって、冬の体育はスキー授業でした。

羨ましがられるけど、寒いしスキー学校まで歩いて持ってかなきゃいけなかったし、苦痛で仕方なかったですね。

やっぱりオリンピックみたいに、見ている方がいいですね\(^o^)/

以下今週の演奏予定です。

2/15(木)町田INTO THE BLUE(ジャムセッション) Start/19:00 CHARGE/¥2000
W/村山峰之(ds)田中利佳(P)

2/18(日)千歳烏山ベラーノ(ジャムセッション) Start/17:00 CHARGE/¥2000
W/村山峰之(ds)関口由浩(P)

⇒以降の筆者の演奏スケジュール・1月30日更新です!

スタンダードジャズウォーキングベース勉強会

スタンダードジャズウォーキングベース勉強会を月一で開始します。

毎回課題曲を一曲こちらから提示し、そのベースラインを考えていただき、それをもとに、このコードではどんな音使いができるか、どんなスケールが使えるか、それを使うための練習方法などをレクチャーするグループレッスンです。

普段ベーシスト同士が絡む機会も無いので、新たな発見もあると思います。

会場:早稲田軍艦島
日時:2018年3月3日土曜日14時半~16時
参加費:1500円
課題曲:The ddays of wine and roses(酒とバラの日々)

現在レッスンを受けてくださっている生徒さん限定です。(定員達次第締切)
参加ご希望は星野まで直接メールかライン下さい。

【2018年からジャズやってみよう】

手軽な練習方法をまとめてみました!

春からジャズのウォーキングベースを弾いてみよう

infomation


ベース ブログランキングへ
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

スポンサーリンク

-理論関連

Copyright© 元パンクロッカーでも弾ける!超かんたんウォーキングベースライン作成講座! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.