SONYのHDR-MV1とi-phoneを使って、ライブの音質を比較してみた!


スポンサーリンク

Sonyのハンディカム「HDR-MV1」とI-PHONEの音質、使い勝手を比較してみました。
専門のビデオカメラなのでI-PHONEに比べて質が良いのは当然ですが、実際の検証します。

HDR-MV1

ライブ演奏の比較

同じ日に、同じ会場で、HDR-MV1を使った録画と、i-phoneを使った録画を試しました。ベースの音は生音、ギターはアンプを通しています。

SONY ビデオカメラ ミュージックビデオレコーダー HDR-MV1

新品価格
¥26,798から
(2015/5/31 10:33時点)

HDR-MV1を使った録画

曲・DOXY(ジャズスタンダード)

i-phoneを使った録画

曲・Weather 愛(筆者オリジナル)

明らかにHDR-MV1仕様の方が、低音の鳴りをナチュラルに捉えているのがわかります。

ギターとベースのデュオといううるさくない編成なのでi-phoneでも音質は十分ですが、下の映像はアタック音のみが目立ち、ミッドやローの薄さを感じます。

食べ物に例えるなら、上の映像が、出汁をしっかりととった味噌汁、下が味噌をお湯で解いただけの味噌汁といった感じです。

 

一人録音の比較

 

HDR-MV1を使った動画

 

i-phoneを使った動画

 
i-phoneを使った動画は、やはり高音が強調されてしまいます。HDR-MV1を使った方は、ハイフレを弾いているにも関わらず、ミッド・ローのまあるい感じ、ベースらしさも伝わります。

 

機能性のメリット

スタイリッシュでコンパクト

 
大ヒットの要因として、本体の”デザインのスタイリッシュさ”とコンパクトさが考えられます。大きさはファミコンのカセットくらいの大きさ。薄さも2センチに満たない程度です。

11391226_923086181065972_7927557693294316877_n

10313694_923086177732639_2398143732227784129_n

変な機能が無い

 
日本の量販店に売っているパソコンにありがちな、変な機能が一切無いところが好印象です。ズームすらありません。「power」を押して「rec」を押すだけです。

 

ちょっと使いにくいと思うところ

 

視野が広すぎる

 
レンズを真正面でターゲットに向けても、かなりの広域に渡って景色が映り込みます。慣れるまで少し時間が掛ります。

電池が持たない

 
バッテリーのもちは1時間弱といわれています。1回のライブで、2ステージ、3ステージ演奏をする場合は予備が必要です。

 

ただ、総合的にみても使い易さはバツグンです。ジャンルを問わず、自分、バンドの演奏の確認から動画アップロードまで、ミュージシャンは持っていて損は無いカメラです。

SONY ビデオカメラ ミュージックビデオレコーダー HDR-MV1

新品価格
¥26,798から
(2015/5/31 10:33時点)

べーす
sukaipu
|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

⇒筆者の演奏スケジュール・随時更新中です!



infomation


ベース ブログランキングへ
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

スポンサーリンク

コメント投稿は締め切りました。