ジャズライブレポート~2016年新潟富山編~②~


スポンサーリンク

ジャズライブレポート~2016年新潟富山編~①~の続編です。

まさかの雪道で車が事故。しかし、ライブは無事成功。さて今度は富山へ向かいます。

18日・新潟滞在

 
翌日は、朝から脳外科へ。ムチ打ちの可能性があるかもしれなかったので、MRIを取りましたが、異常はなかったので、ほっとしました。

とりあえず無事でライブ出来てよかった。明日もがんばるぞ!

と、なにげにテレビをつけたら、東京での大雪をニュースで伝えています。更に、日本全国が大荒れになるとの天気予報。

新潟と、翌日の演奏場所富山は大雪警報。柏崎には強風波浪警報。

そして、柏崎から富山へ行く為には、柏崎→上越妙高→富山と経由しなければいけないのですが、なんと柏崎→上越妙高間が前日に運行中止を発表。

そんなんあり?明日行けないじゃん。富山。まだ何か起こるんですか?

とりあえず、言ってもはじまらないので、この日は練習をしました。

ガタガタガタガタ、風の音で窓が揺れ始めます。

IMG_0857

理論書を読み、弓のエチュード、譜面のアナライズ、レッスンのレクチャー作成など、4時間くらい作業をしました。
 

19日・富山ライブの日

 
朝からうねるような強風の音で目覚めた19日。予報どおりの強風波浪警報の的中に、とりあえず関心。

で、やっぱり柏崎→上越妙高は運行なし。が、行かぬ訳にはいかぬ!と上越妙高駅まで車で強行!海沿いを吹雪に煽られながら徐行し、通常掛かる時間の倍掛けて、なんとか上越妙高駅に到着しました。

怖かった。。。

IMG_0864

新潟県上越市にある上越妙高駅は、床屋だったじいちゃんちを区画整備取り壊してできた駅です。

ローカルだった茶屋町駅が近未来的な立派な駅になったけど、じいちゃんの床屋も、よく食べてた隣のお豆腐屋さんも、よくガムを買ってもらってたエーコープもなくなってしまって、少し寂しい感じがします。

けど、駅はとってもかっこいいです。

新幹線発車まで時間があったので、移動したじいちゃんちに立ち寄り、写真のばーちゃんに「ライブいってくんべー」って手を合わせ、富山に向かいます。

IMG_0872

富山ライブは2014年夏以来。隣県なのに、新潟とは全く異なる富山弁は、ほっこりしてて好きです。

そして、初めての北陸新幹線乗車。北陸新幹線の形がすっごくかっこよくて感動。そして更に感動したことがありまして

IMG_0874

なんと、席にコントラバスが収まるというミラクル!!

上越新幹線は席に入らないので、空いていてもデッキ乗車なので、最高でした。そんなわけで

IMG_0875

書斎完成。仕事ができます^^フリーランスは地球上全てが職場なのです。

この続きは、明日にでも「コントラバスを持って新幹線に乗る時の心得」で、詳しく書きます。
 

富山到着

 
IMG_0877

上越妙高駅から富山駅までは、たった40分。特急や急行だと2時間くらい掛かっていた印象なので、本当に近くなりました。

この日の演奏は富山市内の某施設でのプライベート演奏。パートナーは富山市を代表するピアニスト、飯野由意さん。2012年、ニューヨークで知り合ったプレイヤーで、2014年以来の共演です。

ニューヨークに居た時、セッションで知り合った日本人の仲間を集めて、ジャズ研究会を毎週深夜、クイーンズのアストリアという場所にあるスタジオでやってました。

ユイちゃん、おさむさんでスタートして、

キノやんが入って、僕が入って、でもユイちゃんは帰国しちゃって、キノやんも辞めて、今度はトモが入ってきて、結局最後は3人になっちゃったんだけど、

その3人で作った作品が、これなんです。

2

「The world tribe」、私の初めての作品です。なので、ユイちゃんの感性も、どこかにミックスされてるってわけです^^

IMG_0883

富山市は見事な大雪。

市内から富山電鉄に乗り換え、稲荷町駅で待ち合わせしていたのですが、なんと、ここで相方の車にコントラバスが積めないというハプニング。

「タクシー呼ぼうか」

「タクシーはセダンだから無理。後部座席倒せないのはベースのらないの」

ってことで、

大雪の中、でっかい車を持っている由意氏の知り合いを緊急手配。30分ほど近くのデパートで待ち、ようやくお迎えさん来てくれました。

いつもはベースの下に車輪をつけていて、それがゴロゴロ駆動し移動するのですが、今回は雪が積もっていたので歩ける状態ではなかったのです。

もう、毎日助けられっぱなし。ウッドベースと一緒に行動するのって、本当に大変なんです。

そんなこんなで、大雪の中無事に会場に到着。

あーつかれた。ビールビールといきたいところですが、セットリストすらろくに決まってないので、休む暇なくリハーサルスタートです。
 

夜空ノムコウ

 

ジャズ・スタンダードを中心に、「なんか旬ミュージシャンの曲をやろうよ」と提案。

旬なミュージシャンといえば、不倫騒動のバンドと解散騒動のアイドルグループしかないので、解散騒動のアイドルグループの曲を選曲。

この日の演奏のセットリストです(順不同)1時間のリハで、ふたりで決めました。

・A列車でいこう
・セント・トーマス
・フライミートゥザムーン
・スペイン
・アンソロポロジー
・夜空ノムコウ(SMAP)

「夜空ノムコウ」は原曲をB♭に転調してみたところ、ジャズで馴染みのある進行になりました。

Aメロには、ツーファイブワンの進行があります。いちばん「ジャズっぽい進行」になりやすいコード進行です。

1

ライブの様子。

20160119富山2 20160119富山21

気心知れたパートナーとのガチ演奏は楽しく、お客さんにも喜んで頂けました。

お客さんに、ライブが終わったあと、こんなことを聞かれました。

「ライブ中、どんなことを考えていますか?」

こんふうに答えました。

2qqq

「このへん①とこのへん②に自分がいて、このへん①はお客さんの雰囲気を、このへん②はピアニストの音を聴いています。その場の空気に合わせた音を即座に奏でられるよう、集中しています。」

と。

この日は、メンバー友人の地元の方のシェアハウスに泊めてもらいました。夜中の3時位まで、地元の方といろいろな話をしました。

sacsa

窓をそっと開けてみると、冬の風の匂いがしました。夜空ノムコウには、もう明日が待っていました。

ライブレポートおわり。

追記。

音楽は、ひとりでできるものではなく、人の支えがあって改めてできるものと、今回の遠征で改めて実感しました。

毎日の演奏やレッスンが出来ることに改めて感謝し、これからもがんばっていきたいです。
べーす
スカイプレッスンも始めました。レッスン申し込み随時受付中。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

IMG_0893

コマが曲がってきたので、まっすぐに調整。冬場はボディにもこたえるんですよね、きっと。

今日は武蔵境フォンタナでジャムセッションです^^

⇒筆者の演奏スケジュール・12月05日更新です!

にほんブログ村
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

スポンサーリンク

コメント投稿は締め切りました。