自分がどこの音を弾いているかを意識してベースを弾こう


スポンサーリンク

ウォーキングベースを弾いているとき、どこのポジションを自分で弾いているか、意識して弾くことが理想です。

今どこのポジションを弾いているか把握しよう

以下ブルースの動画です。


はじめのうちは、ウォーキングベースの組み立て方自体が全くわからないので、とりあえず完コピしてまる覚えしてもらっている事が多いですが、

4ビートで使われている4分音符、1音1音どんな音が使われているかを意識ことも大切です。

4ビートで使われている4分音符、1音1音

4ビートで使われている4分音符、1音1音には、意味があります。

たとえば以下の小説だったら

KARE

1音符目がルート
2音符目がコードに対して2度
3音符目がコードに対してマイナー3度
4音符目が次のコードのルートへ繋がる経過音

です。

演奏する上でこの意味を知っているのと知らないのとでは、プレイの深みも違ってきます。

 

どの音を弾いているか、きちんと把握しながら弾くことが理想

テンポ120の場合、1小節の流れる時間は2秒、4ビートの4分音符1音符が流れている時間は0.5秒です。

2

その0.5秒の間に

「今はルートを弾いている」

「今は経過音を弾いている」

と考えているわけではないですが、どの音を弾いているか理解しながらウォーキングをしています。

逆に、どこの音を弾いているか理解できなくなっている状態のときは、大抵ラインがめちゃくちゃです。

常にどこの音を、コードに対しどの関係にある音を抑えているか把握しながら弾くことは難しいですが、意識していたいところです。

これは、ジャズ系の音楽に限らず全部です。

はじめは、とりあえず書く!

はじめから思うようなアドリブやベースラインは弾けません。

その為、とりあえずコードに沿ったベースラインを書いてもらうことが多いです。

書いて、その1音がコードに対してどんな効果を持っているか確認する。指導者と確認する。

それを繰り返すことで、だんだんと思い描いたベースラインが弾けるようになり、1音1音のサウンドを感じながら弾けるようになってきます。

時間は掛かるかもしれませんが、いいベースライン、かっこいいベースラインっていわれるように、がんばりましょう!

べーす
sukaipu

ウォーキングベースやベースの基礎練習について、またブログの感想、メッセージなどありましたら受け付けております。

※ご質問は無料ですが、匿名の方のご質問としてブログネタにさせて頂くこともあります。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

肉はハナマサとかででっかいの買って冷凍しておきます。

演奏前にちょくちょく自然解凍して、親子丼とかにしてパワーつけてくかんじです。

本日は19時半より町田into the blueでジャムセッションをやっております。

4/28(金)町田INTO THE BLUE(ジャムセッション)
Start/19:30 CHARGE/¥2000
W/村山峰之(ds)田中利佳(P)

飛び入りはもちろん、見学も歓迎です。

お待ちしております!

⇒以降の筆者の演奏スケジュール・4月17日更新です!



infomation


ベース ブログランキングへ
↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

スポンサーリンク

コメント投稿は締め切りました。