ギター&ベースデュオ演奏の研究にお勧め!「チャーリー・ヘイデン&ジム・ホール」


スポンサーリンク

今日、コーヒーを淹れながら聴いたアルバムです。

Charlie Haden & Jim Hall

 
71rsJK78GtL._SX355_
 
アルバムタイトルは、「Charlie Haden & Jim Hall」シンプルに演奏者の名前だけ。

1990年の、モントリオール・ジャズ・フェスティヴァルで奏でられた、ギターとベースデュオライブの録音です。

Charlie Haden & Jim Hall

新品価格
¥1,131から
(2016/2/18 10:41時点)

このジャケットの配色も好きです。ちょっとマクラーレン・ホンダみたいですけど。

本来好きなジャズは、攻撃ガンガンなビバップよりも、”リリカルでしっとり”派なので、ジム・ホールのギター、チャーリー・ヘイデンのベースは問答無用で好みです。

朝、コーヒーを淹れながら、睡眠をとったばかりの空っぽの頭に、いろいろなアイディアが浮かんできます。仕事のこと、今日の練習どんなふうにしよう、今度行くお店はどこにしよう。

そんな静寂の中で、バックグラウンドミュージックとして最適ながらも、粒立った2人の弦の音が絶妙に重なり、仕事を始める前の、ほんの数分のひとときを、クールに彩ってくれます。

デュオなので、ベースパートも際立っており、ソロ、ウォーキングベース、各フレーズとも聴き取りやすいです。ギター&ベースデュオ演奏の研究にもお勧めです。
 

チャーリー・ヘイデンの名作、「First song」

 

YouTubeでこの曲を検索したら、友人が演奏しているテイクを見つけたので、掲載しておきます。

宇田大志くん(ギター)、下梶谷雅人くん(ギター)。がんばっています。

しっとりしすぎていて、とっても悲しい曲。よく共演させていただく、村山峰之さんのバンドでもちょくちょく演奏しています。

スタン・ゲッツがカヴァーしているテイクが有名で、スタン・ゲッツとケニー・バロンがデュオで演奏している「ピープル・タイム」というアルバムで演奏されており、この作品のアマゾンのカスタマーレビューで、

「8曲目の「ファースト・ソング」を聴くと涙がこらえ切れなくなる。」

スポンサーリンク

って書いてあって、「んな大げさな~」って言って聴いたら、本当に泣いてしまったことがあるのですが、

刹那感たっぷりの、名曲です。

ジャズ・スタンダードバイブル2に楽譜が掲載されています。

ジャズ・スタンダード・バイブル2 ~セッションをもっと楽しむ不朽の227曲 (CD付)

新品価格
¥3,780から
(2016/2/18 10:53時点)

宇田くん、下梶谷くん。

また、遊んでください。

べーす

sukaipu

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

今日は、武蔵境フォンタナでジャム・セッション。19時半からです。

カレーが絶品のお店で、ログハウスのような家の作りが、ジャズの演奏をいい感じで共鳴させてくれます。

ご見学ももちろん大歓迎!19時半より、お待ちしております^^

2/18 (木)武蔵境フォンタナ(ジャムセッション)
Start/19:30 CHARGE/¥1500
W/村山峰之(ds)田中利佳(P)

⇒筆者の演奏スケジュール・2月15日更新です!

infomation


↑日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

コメント投稿は締め切りました。