Fender USA アメリカンデラックス プレシジョンベースを10年以上弾いてみた


スポンサーリンク

まさか今更の機材紹介です。

10年以上使っている愛機、「Fender USA アメリカンデラックス プレシジョンベース」のご紹介です。

Fender USA アメリカンデラックス プレシジョンベース

2002年位に、池袋の石橋楽器で購入した気がします。20万弱。今サウンドハウスで同じものを検索したら、17万円くらいでした。

IMG_0811

1

長さはミディアムスケール。22フレットで、最高音がFです。ストラップは「COMFORT」のものを使ってます。

1

持った感じです。

アメリカンデラックスの各パーツ

3

通常のプレベのピックアップのリヤに、ハムバッカーのピックアップが搭載されていることが最大の特徴。

2

つまみは全部で5つあります。4つに見えますが、トレブルとベースのつまみが二重になっています。

ブーストをかけると、オーバードライブのエフェクターを掛けたような歪みが生まれます。

5

ボディは、厚くもなく、薄くもなく。

9

側面に、ジャックがあります。

10

ストラップをかけるところも側面です。

4

ヘッドです。チューニングは狂いにくい方だと思います。

6

裏面

7

ボディとネックは、ボルトオンです。

8

弦は裏から通します。弦が外れたり、ラウンドのバネが伸びてしまうことは今までなかったです。

アメリカンデラックスの特徴

・弦高

高めです。高いのは苦手なので、かなり下げては貰ってますが、それでも、やっぱり高いです。

・相性のいい弦

フラットを張ったことが無いのですが、ハイが強調されるので、ラウンドの方が相性が良いと思います。弦のこすれる音が、このベースにとってはアジです。

・相性のいい奏法

1位 ピック弾き
2位 スラップ
3位 2フィンガー
4位 親指引き

・相性のいいアンプ

アンペグ、ハートキー、エデン、メサブギーなど、イケイケ系

ミッドを削り、トレブルベースを上げた、「ドンシャリ」は得意ジャンル。

・向いてるジャンル

ロック、パンク、ハードロックなど爆音系

ONE OK ROCK、ウーバーワールド、凛として時雨、SIM、

なんでもこいです。

筆者の使い方

ご存知、特徴には相反して、ジャズ、アコースティック系で2フィンガーと親指ピッキングで使っています。

使い続けている理由が「愛着」といえばそれまでですが、機材の特徴や癖をわかってくると、極端なジャンルでなければ、1本のベースだけでなんでも応用が効いてしまうという考えです。

実際に弾いてみました。こんな感じでいつもやってます。

8ビートのロック

ファンク系

ジャズ系4ビート。ハイはかなり削ってます。

 

 

べーす

sukaipu

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

土日にいきなり春の陽気になって、昨日またいきなり寒くなって。

やっぱり寒いのやだー!いつも20度くらいがいいー><

と嘆く私です。練習いってきまー。

⇒筆者の演奏スケジュール・2月15日更新です!

infomation

ブログ王ランキングに参加中!
↑!日本一のウォーキングベースサイト目指してランキング参加中です!


link_youtubelink_facebooklink_ameba

スポンサーリンク

コメント投稿は締め切りました。